Uncategorized

リゾートバイトの注意点!リゾバ先で泣かないためにはどうするの?

大学生なら夏休みや春休みに資金稼ぎとして、もしくはワーキングホリデーに行くための資金稼ぎとして、これから「リゾートバイトをしてみたい」と考えている人も多いと思います。

でも北海道から沖縄まで、それこと文字通り日本各地のリゾート地で住み込みで働くことになるリゾートバイト。

家から離れて、全く違う環境で働くことになるわけで、不安なことも多いんじゃないかと思います。

はっきり言って、リゾートバイトには当たりはずれもあります。

ネズ先輩

友達もできたし、拘束時間も短くて、給料もキチッとでたよ!

なんてこともあれば

ツキノワくん

仕事時間は長いし、残業代は出ないし、社員に嫌がらせされます!

なーんてこともあるのも事実なんですよね…

だからリゾバでは何をおいても、行き先選びが大事です。ダメなところを選んでしまって、リゾートを楽しむどころか、鬱っぽくなって帰ってしまった、なんてことになったら目も当てられないですからね。

と、いうわけで今回は、後悔しないリゾバ選びをする時にチェックしたい注意点についてまとめていきたいと思います。

リゾートバイト先を選ぶ時の注意点

失敗しないリゾートバイト先を選ぶ時には、少なくとも下にあげたような内容を心がけておいたほうがいいでしょう。

  1. 自分のやりたいことを明確にしよう
  2. 派遣会社をうまく活用しよう
  3. 住むところは特に慎重に検討しよう

ではどういうことか、それぞれこまかく見て行きましょう。

自分の行きたいところ、やりたいことを明確にする

リゾートバイトの行き先を探す前に重要なのは、自分の行きたいところ、やりたいことを決めておくことです。

リゾバができる場所は全国各地に色々ありますが、季節や場所によって状況はかなり違います。だから自分にとって大事なことは何か、でどこに行くべきかってのも変わってくるんですね。

例えば目的があって、とにかく短期でがっつり稼ぎたいという人なら、時給が高めで残業が多いところを選ぶべきでしょうが、稼ぎはほどほどでもいいからリゾート地を楽しみたいなぁ…って思っているタイプにはこういうリゾバ先は絶対合わないです。

しかしどうしても人手が足りないから、リゾバの人に残業代をガンガン出してでも間に合わせないといけないってとこもあれば、頑なに残業はさせず8時間できっちり終わるリゾバ先ってのもやっぱりありますから、自分に合わないとこを選んじゃったら悲惨ですよね。

だから自分のやりたいことははっきりさせておきましょうです。もちろん最初から全部の条件を決める必要はないですが、大事なのはお金なのか、友達を作ることなのか、リゾートを楽しむことなのか、地域性もあったりするので、それだけでリゾバの行き先も随分変わります。自分がリゾートバイトに何を求めているのかだけは仕事探しを始める前に明確にしておいたほうがいいですね。

派遣会社をうまく活用しよう

やりたいことというのがある程度固まってきたら、まずはリゾートバイトの派遣を行なっている会社に相談してみるのがいいでしょう。

派遣会社というとあまりいいイメージがないって人も多いと思います。少し前の状況ならば、リゾバは派遣を通すより、直雇用のほうがいいっていう意見もあったのも事実です。

ただ状況は変わってきていて、ブラックリゾバを避けるなら派遣会社を通したリゾバの方が便利なのは間違いありません。

リゾバ先で行くのは地方の良寛やホテルが多いですが、こうしたtころは組織も古いことが多く。直雇用はこき使われやすいのも事実です。その点派遣会社を通した場合、会社同士の付き合いであることや、コストが高いことなんかもあって特に時間管理はしっかりしていることが多いんですね。

ネズ先輩

派遣ホワイト、直雇用ブラックっていう環境もリゾバあるあるなんだよね。

[kanren postid=”4333″]

もちろん語学力など特定のスキルを持っている場合は直雇用の方が時給が高くなることもありますし、労働時間が長いから稼げるなんて場合もありますから、どんな時でも派遣会社のほうがいいってわけじゃないですよ。

ただそれでもブラックを避けやすいのは住み込みになるリゾバでは大きなメリットですし、時給自体、派遣会社のほうが高いというケースも結構あります。

最終的に派遣会社を使って行くかはともかくとして、毎年何千人もの希望者を、全国各地のリゾートバイト先に派遣していますから、持っている情報の量も多いです。最初は情報収集を手伝ってもらうくらいのつもりで登録し、あとで直雇用と比較して選んで行くのがオススメですね。

住む環境にはこだわろう

行きたい場所、仕事がつかった!と思っても、すぐに飛びつくのはおすすめしません。

リゾバで行くのは地方です。行ってから不満が出ないように、行く前の段階で働く上での条件。特に住居や食べ物に関する部分はしっかり確認しておいたほうがいいでしょう。

例えばスキーのハイシーズンだとニセコや白馬などの人気のスキーリゾートはほとんどが相部屋になったりします。個人的には相部屋も合宿や、海外のバックパッカー生活のようで楽しんですが、あまりそういう空間になれてない人にとっては、プライベートがない空間というのは相当ストレスが貯まるはず。

また食事が自炊であること意外の条件がいいから妥協したら、田舎すぎて食費がやたら高くついてしまった、なんて経験もあります。

なので、初めてリゾバに行く人ならば

  • 相部屋か個室か
  • 家賃やまかないは無料か
  • インターネットは使えるか
  • 寮から職場の通勤時間

こうした条件に関しては、特にしっかり確認しておくことをオススメします。

リゾートバイトの場合、短くても1ヶ月程度は現地に移動して住み込みになるのがほとんどです。お金を貯めるのが目的でも、中抜けなどの空き時間にがっつり楽しむのが目的でも、住環境が自分に合わなかったらどんどんモチベーションが下がっちゃいます。

派遣会社を使うなら担当者にうざがられるくらい。直雇用なら相手先にしっかり状況を確認、交渉していきましょう。

まとめ

 リゾートバイトには当たり外れがある。これは間違いなく事実です。

ただ誰かにとっては外れな仕事が、別の誰かにとってはあたりってこともリゾバではよくあることでもあります。

自分にとって当たりのリゾバ先を選ぶためには

  1. 自分のやりたいことを明確にして
  2. 派遣会社をうまく使って場所を絞り込み
  3. 条件をよく検討する

ことが大事です。 

せっかく自分の大事な時間を使っていくんだから、自分にあった場所を選べるようにしたいですね。