Uncategorized

リゾートバイト、外国人が多いエリアはいったいどこなの?

ツキノワくん

もしかして外国のお客さん多いエリアでリゾバすれば英語力伸びるんじゃない!?

ワーキングホリデーに行くためにお金を貯めたい!!

なんてそんな風に思っている人なら、外国人の多いエリアで働いて、英語力を伸ばしたいって思うんじゃないでしょうか?

全国的に外国人観光客の増加してることもあって、観光客に触れる機会の多いリゾバでは英語を使う仕事につける機会も多いです。

「英語を生かしたい」「英語を学びたい」という声も実際多いのか、リゾバ派遣の会社では英語を活用できることを売りにした求人を出しているところも結構あります。

>>>「英語活用できる」で検索したリゾバ派遣会社の仕事リスト

ただ…実際に行ってみるとこうした情報に乗っているからと言って、それが即英語力アップに繋がるような仕事かというと、実はそうでもないかもなぁ、という感じも受けました。

「外国人」だなんて一括りに呼んでも、実際には出身地や客層によって英語力が高い人もいれば低い人もいます。

日本の観光地では、地域によって訪れるお客さんの層が結構偏っているので、「外国のお客さんが多い」と聞いて言ってみたら、英語がカタコトな人ばかりで英語の上達にはあまり役に立たなかったなんてこともありえます。

やっぱり効率よく上達したいなら、オーストラリアニュージーランドアメリカなどのネイティブのお客さんが多い地域で揉まれるのが一番です。

じゃあ、一体ネイティブと会えるリゾバ先はどこなのか?今回は、自分がリゾバとして、旅人として見て直接見て来た体験と、友人リゾバーたちの情報をもとにまとめてみたいと思います。

あ、ちなみにリゾートバイトということで、東京や京都など都市ははずしてあるよ!

リゾートバイトで英語を伸ばすには?

リゾートバイトで英語を伸ばそうと思うならネイティブが多い場所で働く以外にも

リゾバで英語力を伸ばす方法
  • 仕事で英語を頻繁に使う職種を選ぶ
  • 同僚に外国人がいるエリアを選んで英語でコミュニケーションをとる
  • フリーの時間に外国人の友達と遊ぶ

などができると英語力をグンと伸ばせる可能性があります。

参考にしてみてくださいね。

英語が使えるおすすめリゾバ先 1位 ニセコ(北海道)

ニセコと言えばスキースキー場と言えばリゾバ!

と、リゾバの代名詞にもなっているようなスキー場の仕事。その中でもネイティブを中心に、世界中から人が集まる場所と言えばニセコです。

photo ACより

夏休みにスキーをしに来るニュージーランドオーストラリアと言った南半球の英語国家から来るお客さん向けに発達したニセコは、今では外資のホテルや旅行会社も進出して日本の中の外国といった風情があります。

そのさらっさらのパウダースノーは世界的にも有名で、雪には不自由しないカナダ人に「ニセコでスキーしてみたいんだよね」なんて言われた経験があるほど。

英語が通じる場所ということで、英語圏欧米系の旅行者も多いので、特に外国のお客さんが多いと言われているのヒラフエリアを訪れると、外国の町に来たのかな?なんて思ってしまうことも。看板とか英語のものばっかだし。

とにもかくにも英語ネイティブや、英語レベルが高いと言われる国のお客さんが多いため、「話す英語」を勉強するためにリゾバするなら、ニセコは第一候補にあげられそう。

スキーが人気の場所なため最盛期は当然冬にはなるんですが、トレッキングや乗馬、ラフティングなどのアクティビティがあることもあって、夏にも外国のお客さんの数はそこそこきてますよ!

ワーホリで日本にきている人が働いていたりもするので、外国の友達を作るにも良さそうですね!

仲良くなれれば、英語も上達しそうですよね!
リゾバはほどほどに一緒に遊びまくったほうが英語も伸びるかもね!

英語が使えるオススメリゾバ先 2位 白馬(長野県)

1998年の長野オリンピック。その会場として世界的に有名になったのが、白馬のスキー場。

二大都市圏の中間にある長野は、ニセコと比べると東京からのアクセスがいいこともあってこちらも人気が高いです。

やっぱり一番人気は冬のスキーシーズンですが、夏にもアクティビティ関係の求人があったりします。

英語が使えるおすすめリゾバ先 3位 日光(栃木県)

日光東照宮や尾瀬、そして温泉地など多くの魅力が詰まった日光も、日本を感じられる場所として外国人人気が高い地域です。

かなり忙しいことでも知られる地域なので、仕事中にとにかく外国のお客さんと関わりたいというタイプにはぴったりではないでしょうか?

また忙しいこともあって、「稼げる」リゾバができるチャンスも多くある地域で、月に30万稼いだという話を結構耳にした地域でもあります。

英語を仕事で使いながら稼ぎたい、そう思う人ならオススメできそうですね!

英語が使えるオススメリゾバ先 4位 野沢温泉(長野県)

長野県から2つ目のランクインとなったのは野沢温泉です。

野沢温泉は日本最古と言われるスキー場がある町。町の名前からわかるように温泉街でもあります。

野沢温泉はニセコや白馬などに比べれば規模は少ない鄙びた感じの温泉地なんですが、実は隠れた外国人街になる街です。

特に冬場になると訪れる人は日本人より欧米系の人のほうが多いんじゃないか?と思うほど。

ホテルを予約しようとしたら、電話応対が英語だけだったなんてこともあったよ…
野沢温泉の無料温泉の一つ野沢温泉にある無料温泉の一つ

訪れる客の数としては少し少なめかなーとは思うものの、その分よく日本をよく研究した人たちが訪れるためか客層も少しおとなしめ。ニセコなんかのパリピなノリについていけない人はこっちのほうがオススメです。

リゾバの楽しみとして、その地域にある温泉に入ることというのをあげる人も多いと思うんですが、野沢温泉には、無料で入れる温泉が町中に9個もあります。野沢温泉では地域の人が共同施設としての温泉を管理している地域温泉というシステムを採用していて、旅行者やリゾバの人でもガンガン使えます。

日替わりで違う温泉に無料で入れる環境と外国客の多さなどから、個人的にはニセコや白馬よりオススメしたいとこなんですが、その分ちょっと時給や仕事量が少なくなりがちなので順位としては下げています。

ただいい仲間は作れそうなイメージが強い場所なので、稼ぎよりも体験重視な人にぜひオススメしたい場所ですね!

野沢温泉リゾバ情報

英語が使えるオススメリゾバ先 5位 宮島(広島)

最近になってますます注目度が増していると感じられるのが、広島県にある世界遺産「宮島」です。

もともと欧米系の人は戦争遺産に関心のある人が多く、「原爆ドーム」のある広島を訪れる人は多いです。

とはいえこの原爆遺産で1日を費やすことはなかなか難しいので、近くでほかのところに行きたい。そんな思いと宮島がマッチするんですね。

こちらは上であげたようなスキーリゾートとは違い、夏でも客が減らない(むしろ増える?)ので狙い目ですね。

ツキノワくん

求人見ると、結構時給のいいお仕事多いですね!

英語が使えるオススメリゾバ先 番外 飛騨高山(岐阜県)

もともとはランキングに入れていましたが、押し出される形で5位いかになりました。でもオススメなのは変わらないので残しておきますね。

飛騨高山。日本人にはあまり強い印象がない土地だと思いますが、街を歩いていると常に欧米系の旅行者を見かけるのが飛騨高山です。

高山の街自体は取り立てて何かすることが多い場所というわけではないと個人的に思いますが、注目すべきはその立地。

東京から大阪、京都などで行く高速バスへの中間地点にあることや、白川郷、富士山などで行くハブとしても使いやすいためか、この周辺で乗り換えたり、一泊したりする人も多いようなんです。

というわけで高山そのものというよりは周辺地区を含めてオススメという感じ。

ただエリアというよりは旅館やホテル単位で欧米人が多い、アジア人が多いなど特徴があるようなので、リゾバ先として検討する場合は担当者によく確認してから決めるのも良さそうです。

飛騨高山周辺には訪れる欧米系の客も多い

宮島などと同じで、こちららかというと夏のほうが欧米系のお客さんは多く、逆に冬になってくるとアジア系のお客さんが増える傾向にあるようです。

英語を使うリゾバはどう探せばいいの?

英語を使うリゾバをしたいです!どう探せばいいですか?
一番は担当者に尋ねることだね!

英語を使うリゾバ先を探すのに一番手っ取り早いのは、きちんと担当者が相談に乗ってくれるリゾバ派遣の会社を選ぶこと、です。

最初にも言いましたが、Web求人では「外国人が多い」と書かれていても、アジア系のお客さんが中心でカタコトな英語しか聞こえないということも実際にあるからです。

またホテルの経営者が変わると提携している旅行会社やオーナーの意向などで、主な客の国籍が変わることもあるので、担当者が頻繁に現地に行って最新の情報をとってる会社を選んだほうがいいです。

オススメの会社をまとめた記事でも書きましたが、対応面でオススメできると感じた会社ははたらくどっとこむのダイブ、続いてリゾートバイト.comのヒューマニック。もちろん他の会社にも語学を活かせる求人はあります。

ただ会社はよくても、担当者単位で外れということはあるので、直接話してみて自分が信頼できると感じた会社を選んでくださいね

まとめ

日本では全国的に外国人観光客数は増加しています。

しかし地域やホテルによっては、特定の国籍の人だけが集まる観光地というようなものもできているので、「外国人が多い」「英語の上達に役立つ」ってわけではないのも事実なんですね。

上にあげた地域は英語を活用できるネイティブのお客さんが多い地域です。しかしこうした地域でもホテルによってはお客さんの出身地が偏ってるケースもあるので、ホテルごとに情報を集めるのがいいですね。

リゾバ派遣の担当者に相談する。ツイッターやインスタなどの体験談を参考にするなど、口コミをうまく活用するのをオススメします。

またリゾバの経験を生かしてぐっと英語力を伸ばしたいなら、仕事で英語を使う場合にも

リゾバで英語力を伸ばす方法
  • 仕事で英語を頻繁に使う職種を選ぶ
  • 同僚に外国人がいるエリアを選んで英語でコミュニケーションをとる
  • フリーの時間に外国人の友達と遊ぶ

なども心がけたほうがいいですね!